塾長ブログ

  • 対面テーブルのある塾

      当塾には入り口に大きなテーブルを置いていません。具体的には4人とか6人が向かい合って座ることができるテーブルは面談室には設置していますが、自習用には利用させていません。(自習スペースが満席になったときは、面 …

     本文はこちら
  • 中3生の入塾受付は終了しました

    毎年そうですが、今年も8月で中3生の入塾受付は終了しました。摂津富田には他にもたくさんの塾がありますので、受験に向けて塾を探しておられる場合は、そちらをお尋ねください。 なお他学年の受け入れは随時行っています。今までと変 …

     本文はこちら
  • 定期テストの結果を意地でも集めきる

    四中の前期中間テストが終わりました。 今日から中学校から答案用紙と問題用紙が返されるので(高槻市は問題用紙の回収される)、塾ではその回収作業に入ります。 でも、多くの子どもたちは持ってきません。理由としては「家に忘れた」 …

     本文はこちら
  • 定期テストに向けた漢字問題の作成

    現在、少しずつ定期テスト範囲の漢字問題を作成しています。今日は高槻第四中2年と阿武野中3年の問題を作りました。 ここに長く通ってくれている子どもたちは要領がわかっているので、特に何も言わなくても漢字のプリントを持ってきて …

     本文はこちら
  • 塾長も授業します

    塾長と言う立場をとりつつ、時々授業に入ります。 そういうことをしていると、今学校でどんな授業がされているのか、英語の教科書はどう難しくなったのか、子どもたちはどんなところでつまづきを感じているのか、などいろんなことがわか …

     本文はこちら
  • 英単語の読み方がカタカナで書かれた本を設置

    英単語マラソンをやっていると、どうにもこうにも英単語が覚えられない子どもたちが出てきます。その原因を一つ一つ潰して行くのですが、「発音がわかっていない」という理由があります。 発音がわかっていなくても、「単語が書けさえす …

     本文はこちら
  • 英単語マラソンを受けずに済ませようとする子ども

    「英単語マラソン」は授業ではなくて、自習として取り組んでもらっています(追加の料金は頂戴していません。在籍している中学生全員に参加してもらうイベントです)。 「自分が授業のないときに、英単語のテストを受けに来てね」として …

     本文はこちら
  • 他の個別指導塾よりも課題が多い塾です

    他の個別指導との違いを考えてみました。 今のところ、一番大きな違いになるのは、「私(塾長)から直接出される課題がいくつかある」ということだと思います。 今までに教科書で1回でも出てきた英単語の暗記テストがある(年3回) …

     本文はこちら
  • 答えの数字を丸暗記する子どもへの対応

    新学期が始まりました。今年度からは在籍している塾生の学年だけではなくクラスも把握することにしました。あまりいいことではないのですが、コロナで学級閉鎖になった時に、誰がどのクラスにいるかわかっていると、対応が素早くできるな …

     本文はこちら
  • 親の立場としての理想の塾

    5年前、まだ娘が産まれてなかった頃、「もし自分に子どもがいて、通わせるとしたらこんな塾だったらいいな」を考えて英信個別を作りました。 まず、個別指導塾は教科を選んで通うスタイルが多いわけですが、「英語1教科だけで通わせて …

     本文はこちら